FamilyMart

<プレカット>の仕事

埼玉県狭山市やま ともかずさん(株式会社タカキ)
  • 家を建てる木材には,しっかりと組み合わせるために切り欠きを作ったりあなを開けたりします。昔は大工さんがけんちくげんで,手作業でやっていましたが,今では工場で機械加工をすることが多くなっています。これを「プレカット」といい,手きざみでは2~3週間かかった作業でも,機械を使ったプレカットでは,わずか1日で加工が終わります。
  • プレカットの機械を動かすには,まずCAD(キャド)というせいせんようのソフトでせっけいきます。一けんの家を作るには1000以上の木の部材が必要ですが,プレカットせっけいは,一つひとつの柱や部材の種類やサイズを決めながら,CADにんでいく作業です。こうして作ったせっけいデータを機械に送ると,データ通りに木材がカットされます。
  • 東京でも地方にはたくさんの森があって,りっぱなスギやヒノキの木材が生産されています。かぶしき会社タカキはいっぱんしゃだんほうじんTOKYO WOODきゅう協会にめいし,地方の木をプレカットして,じゅうたくけんちくに役立ててもらっています。いきの森を健康に未来へぐために,木材の地産地消にこうけんしています。
  • 寄付協力:株式会社ファミリーマート
  • 協力:林野庁/公益社団法人国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク
  • イラスト:平田 美紗子(林野図書資料館)