仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1971年 生まれ 出身地 鹿児島県
とうげいか陶芸家
寺田てらだ かおる
子供の頃の夢: デザイナー
クラブ活動(中学校): 吹奏楽部
仕事内容
陶芸教室を開き、作品を作る
自己紹介
小さいころから独立心どくりつしんが強く、創意そうい工夫を好む性格せいかくでした。あきらめない気持ちを大切にしています。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年07月06日)時点のものです

陶芸とうげいやとんぼ玉の教室

陶芸やとんぼ玉の教室

展覧会てんらんかい個展こてんを開くために作品を作っている陶芸家とうげいかも多いですが,わたし陶芸とうげいやとんぼ玉の作り方を生徒さんに教える教室を開いています。とんぼ玉とはあなの開いたガラス玉のことで,バーナーを使ってガラスをかして作ります。アクセサリーなどを作られる方が多いですね。教室を開くためには土やガラス,薬品を選んで準備じゅんびすることが必要ですので,教室を開くための準備じゅんび期間として1年以上かかりました。教室が終わった後や,休みの日には自分の作品も作っています。月に20~30くらい作っていますね。年に一度,陶器とうきととんぼ玉の作品展さくひんてんを開いているんですよ。

湯のみができあがるまで

湯のみができあがるまで

陶芸とうげいでは,例えば湯のみを作る場合,まず2時間ぐらいかけて形作りをし,1週間くらいかわかします。その後,30分から1時間くらいかけて器を安定させるために高台こうだい(器の底の部分)を作り,2週間くらいかわかします。そして,8時間くらい素焼すやき(器が土にもどらないようにするため900度くらいで軽くあぶること)して,釉薬ゆうやく(水もれを防止ぼうしし,つや出しをするための薬)をかけ,12時間~14時間かけて1230度くらいで本焼きしてでき上がりです。それぞれの作業にかる時間は短いですが,湯のみができあがるまでの期間は1ヶ月くらいかかります。

一人ひとりに合った教え方

一人ひとりに合った教え方

生徒さんが来られる前に,どこまで作業が進んでいるかチェックし,みんな作っている物がちがうので,それぞれ必要なものを用意します。生徒さんが来られたら前回の続きを教えていきます。教室が終わったら,後片付あとかたづけと次回すること,反省することはないか考えます。一人一人に目を配れるように,一回の教室で4人までの生徒さんを教えています。週に5回教室を開いています。

失敗しないように集中

失敗しないように集中

陶芸とうげいは,粘土ねんどや粉末の釉薬ゆうやくを運ぶので重労働だと思います。粘土ねんどは,練る時などに力がいります。だから大きいものを作る時は大変です。色合いについては色の見本もありますが,同じ土や薬を使っても「必ずこの色になる」ということがありません。焼き上がりの色は経験けいけんを積むとわかるようになります。陶芸とうげい粘土ねんどは冷たくて,作っている時に水を使うので冬は手がいたいです。とんぼ玉は,バーナーを使って2,3時間作業するので夏はとても暑いです。焼き物は,やり直しができないので,集中して作業しています。

人とのつながりとふれあい

人とのつながりとふれあい

教室をしているので,人とせっすることが多く「ありがとう」と言われた時や,作品を見て「大事にします」と言われるとうれしいですね。人とのつながりを大事にしたいです。陶芸とうげいは焼きあがってかまを開けるまでどんな物になるかわからないですし,とんぼ玉も作って冷ました後,はじめて完成品を見ることができるので,自分が思った通りにでき上がった時はうれしいですね。今は楽しいから続けられると思っています。みなさんに喜んでもらえる物を作って行きたいと思います。

陶器とうきを通じた人とのコミュニケーション

陶器を通じた人とのコミュニケーション

わたしにとって大切なことは,人とのコミュニケーションです。器を通して,使ってくださる家族が目にかびます。陶器とうきって高くて応接間おうせつまかざるイメージがあると思います。わたしは自分が作った物をかざるのではなく,日常にちじょうの中で使ってしいと思います。器も毎日使ってもらえる方がうれしいかなと。たとえれてしまっても,また買ってもらえるとうれしいです。そこでまた人とのコミュニケーションが生まれると思います。この前はこんなのを買ってくださったなぁと人柄ひとがらが見えたり,この人にはこんな器が似合にあうかなとイメージして作ることができたりするようになります。どこかに行っても,花を見ても,空の形や色など,どうやって陶芸とうげい表現ひょうげんすれば良いかいつも考えています。本を読んでいても良い文章があれば,この文章を陶芸とうげいで形にできないかなと考えます。

人とかかわる仕事がしたい

人とかかわる仕事がしたい

実は,Iあいターン(都会から地方に住むこと)をしたことがこの仕事を選んだ大きな理由です。以前は福岡ふくおかや名古屋でまったくちがう仕事をして,趣味しゅみ陶芸とうげいをしていました。その後,愛媛えひめIあいターンが決まった時に今まで続けていた仕事を続けられなくなりました。それで,人と出会うことができる仕事がしたいと考えた時「自分は陶芸とうげいをやっている!陶芸とうげいを教えながらみんなでやって行きたい」と思ったのがきっかけです。

負けずぎらいな子どもでした

負けず嫌いな子どもでした

独立心どくりつしんが強くて人と同じことをするのがいやな子どもで,負けずぎらいでした。「イヤだ」とよく言っていたので親や先生はこまったと思いますよ(笑)。小学生のころは畑で野菜を作るのが大好きでした。友達と遊ぶ時も,田んぼでれんげをつんだり川でカニを取ったりして遊んでいました。外国にあこがれていたのでデザイナーになるというゆめがありました。そのために,英会話を習っていました。

自分の意見をしっかり持つ

自分の意見をしっかり持つ

自分が思っていることを口に出せなかったりすることがあると思います。集団しゅうだんの中で生活していると,「みんながこう言っているからわたしもそうしよう」と人の意見に流されることがありますが,人の意見も聞けて,自分の意見もしっかり持つようにしてしいです。また,一度相手の立場にたって考えるということは大事だと思います。自分がなりたい仕事につけると一番良いと思いますが,みんながそうではないかもしれません。もし,自分の希望する仕事にけなかったとしても,その中でどう楽しみを見つけるかが大切だと思います。

ファンすべてを見る

(愛知県 小6)
(沖縄県 小6)
(東京都 小6)
(京都府 小6)
(滋賀県 小6)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

司馬 遼太郎
幕末に信念を貫こうとしたフロンティア精神を参考にしている。マンガもあるので読んでみてください。
童門 冬二
改革をして藩を救った人の話。相手の心を考える参考になります。マンガもあります。

もっと知りたいこの仕事人

どんな職場?
取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社