仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1983年 生まれ 出身地 愛媛県
ほうせいぎょう(みしんこう)縫製業(ミシン工)
eriちゃんえりちゃん
子供の頃の夢: 世界中に行きたい
クラブ活動(中学校): 卓球部
仕事内容
ユニフォームを縫う
自己紹介
性格せいかくはマイペースで、のめりこむ。休日はゴロゴロ、たまに遠出する。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年11月12日)時点のものです

ユニフォームの縫製ほうせい

ユニフォームの縫製

わたしの仕事は,野球のユニフォームを作ることです。昔,ユニフォームは作業着の1つと考えられていましたが,現在げんざいでは個性こせいを出すファッションの1つになっています。わたしの会社ではユニフォーム作りを,機械がする仕事と人間がする仕事に分けています。まず裁断さいだんは機械が行い,人の手で30分かかる作業が5,6分で終わり,1まい1まい誤差ごさもほとんどありません。次に縫製ほうせいは,大まかな部分は7台のミシンが担当たんとうし,設計図せっけいずを組みんだフロッピーをコンピュータに入れ,自動で操作そうさします。そして細かい部分は,人がミシンを操作そうさして少しずつ調整しながら作っています。現在げんざい39名で仕事をしていて,20代~70代のいろいろな世代の仲間と協力して仕事を行なっています。

上着とズボンを作る

上着とズボンを作る

仕事は朝8時30分~夕方17時までです。朝,仕事に来たらまずミシンの手入れをします。油を差し,サビをき取り,一まいって糸の調子やい目などを確認かくにんします。そして,何も問題がなければ仕事を始めます。ズボンを作るための工程こうていは全部で31あり,上着を作るための工程こうていは27あります。全ての工程こうていを1人で担当たんとうするのではなく,わたしはズボンのボタンホール,ゴムやひもなどを入れるすその始末,こしの部分のワッペン付けなど8工程こうてい担当たんとうしています。他にも,周囲の状況じょうきょうを見て,後ろポケットを作る工程こうていの手伝いなど2工程こうてい補助ほじょもしています。自分の作業工程こうていだけだと,1日600~700まい仕上げています。同僚どうりょう担当たんとうしている他の工程こうていには,ズボンにステッチを付ける工程こうていやポケットのふくろ付けをする工程こうてい,それから上着のそで付け・わき背中せなかい合わせ・仕上げ止めをする工程こうていなどがあり,3人で協力しなければできないものもあります。

種類が多く覚えることが多い

種類が多く覚えることが多い

ズボンは2種類の型しかありませんが,上着の型は種類が多く,新しく覚えることがたくさんあるので大変です。また,ズボンも上着も,普段ふだんびる生地をっていますが,たまにびない生地を使うことあり,その時はうことがむずかしく時間がかかります。入社した時は,生地に合ったい目の調節などを覚えることに苦労しました。い方を間違まちがえてしまったこともあります。数をこなすことにより,段々だんだん上手になってきました。ただ「う」と一言で言っても技術ぎじゅつが必要な部分はたくさんあります。ミシンがもっと自動化されると,人間の手でないと上手くできない所に時間をかけることができるようになるので,早く実現じつげんすると良いなと思います。

目標を達成したとき

目標を達成したとき

わたしは,この仕事を始めて1年くらいになりました。ミシンを使う技術ぎじゅつが上がり,家でも自分で小物を作って楽しむようになりました。また,できなかったことが少しずつできるようになった時はうれしいですね。工場全体の流れを理解りかいして,1まいでもたくさんの製品せいひんを作っていきたいと思っています。これからも,目標を達成できるように頑張がんばります。この仕事にいてからは,衣料品などを買う時には,うらい目をチェックして良い物を買うようになりました。私生活しせいかつでも仕事で学んだことが役に立っています。

丁寧ていねい

丁寧に縫う

どのようにすれば綺麗きれいに仕上げることができるか,時間を短縮たんしゅくする方法はないかといつも考えています。でも,あせって失敗したのでは意味がありません。今は無理をしないで丁寧ていねいうことを心掛こころがけています。また,工場全体を見て,それぞれのチームがどのような仕事をしているか把握はあくするようにしています。空いた時間にはちがう仕事も覚えていて,全体で協力しながら仕事を進めています。機械を使って作業をするので,大きいケガをしないように気を付けて作業をする必要があります。ユニフォームは県外からの注文が多いです。だから,これまで実際じっさいに自分達が作ったユニフォームを着ている姿すがたを見ることはありませんでした。もしかしたら,みなさんの中にはわたし達が作ったユニフォームを着て,野球の試合に出たり練習を頑張がんばっていたりする子がいるかもしれません。そんなことを考えると,わたし達も一生懸命いっしょうけんめい作ろうとはげみになります。

役に立つ仕事

役に立つ仕事

わたしは,洋裁ようさい専門せんもん学校に通っていたので,学校で習ったことが生かせると思いこの仕事を選びました。会社に入って研修けんしゅう期間が3ヵ月あり,その間に機械の使い方の勉強をしました。好きなので長く続けていきたいなと思っています。また,この仕事は団体だんたいで仕事をするので,一人ひとりの責任せきにんを果たし,チームのみな迷惑めいわくけないように気を付けています。それから,わたし達の会社には,中国から来ている方もいて,友達になることができます。中国の方と交流することで,日本と中国の文化のちがいを知ることが出来,様々さまざまな発見がありとても楽しいです。

外で遊ぶことが好き

外で遊ぶことが好き

子どものころ,外で遊ぶことが好きでしたね。みなとワイワイしていることが楽しくて,よくドッジボールをしていました。家が山の上にあったので,スケボーで坂道を下って遊んだことも・・・あぶないですよね(笑)。子どものころ色々いろいろな遊びを考えて遊んでいました。また,小さいころから手先が器用で自分の意見がある子どもでした。世界中に行くことがゆめでしたね。

自分の好きな事を見つけてしい

自分の好きな事を見つけて欲しい

みなさんには,自分の好きな事を見つけてやり通してしいです。初めから何でもできる人はいません。興味きょうみがあればどんどん挑戦ちょうせんしてください。こまっていたらフォローしてくれる仲間がたくさんいますよ。失敗してもやり直すことができます。また,本をたくさん読んでしいです。本を読むことで視野しやが広がり,色々いろいろなことに興味きょうみを持つことができます。ゆめを持つきっかけにしてしいです。みなさん,ゆめをたくさん持ってくださいね。

ファンすべてを見る

(静岡県 中2)
(東京都 小6)
(兵庫県 小6)
(茨城県 小6)
(東京都 小6)
(東京都 大人)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

ジャン=アンリ・ファーブル
虫の研究がすごく詳しくのっているから。動きに見入った。
万城目 学
くだらなさがおもしろい。映画も見たので・・・。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社