仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
出身地 島根県
木瀨きのせ 恵子けいこ
子供の頃の夢:
クラブ活動(中学校):
仕事内容
太陽光発電や風力発電など二酸化炭素の排出を抑えたグリーンなエネルギー事業にお金を貸し出して、再生可能エネルギーの普及を支える。(※2020年3月時点)
自己紹介
好奇心旺盛でフットワークが軽い方だと思います。休日はキャンプや山登りに出かけ,ときには山にテントを張って泊まることも。アルプスの山並みと満点の星空を眺めながら,山登りの達成感と一緒に味わう食事の味は格別です。
出身大学・専門学校

※このページに書いてある内容は取材日(2020年03月10日)時点のものです

数千億円もの大きなお金をす仕事

数千億円もの大きなお金を貸し出す仕事

銀行の仕事には,お金をあずかる(きん)・お金をす(貸出かしだし)・遠くはなれた人にお金を送る(為替かわせ)の3つがあります。社会のお金の流れを調節して,らしをささえるやくわりを果たしているのが銀行です。 わたしは三井住友銀行で,お金をす仕事の一つである「プロジェクトファイナンス」をたんとうしています。

「プロジェクトファイナンス」は,銀行の中でもせんもんてきな仕事です。一つの会社にお金をすのではなく,ある目的をかなえるためにたくさんの会社が集まった「プロジェクト」にお金をす仕事です。その中でも,わたしたんとうするのは,太陽光発電や風力発電など自然の力で発電する「さいせいのうエネルギープロジェクト」です。すお金はプロジェクトのによってちがいますが,だいたい百億円〜数千億円。なかには一兆円ものお金のしをけんとうすることもあります。

たくさんあるふくざつな課題を一つ一つクリアに

たくさんある複雑な課題を一つ一つクリアに

さいせいのうエネルギープロジェクトには,関係する会社がたくさんあります。発電所を動かす事業者,建物を建てるこう業者,かんきょうへのえいきょうや事業の成功に向けたアドバイスをするコンサルタント,ほうりつめんをチェックするべん,そしてプロジェクトに必要なお金をわたしたち銀行などです。このような関係者が集まり,ふくざつな問題を一つ一つかいけつしていくことで,プロジェクトがじつげんしていきます。

銀行は,半年から1年くらい、長いときにはそれ以上の時間をかけて,「プロジェクトが本当にうまくいくのか」「社会にこうけんするものなのか」「お金をきちんと返してもらえるのか」など,たくさんの課題を細かくチェックして,お金をすかどうかを決めます。プロジェクトがしっかり成功するようにいろいろな面からアドバイスするのもわたしたち銀行の仕事です。

風力発電所が寿じゅみょうむかえる未来まで考える

風力発電所が寿命を迎える未来まで考える

例えば,陸上の風力発電プロジェクトでは,じゅんに3~4年,けんせつに2~3年かけて,ようやく発電事業が動き出します。 そして,その後およそ20年で,プロジェクトが終わるのですが,けんせつした風力発電所をどのようにかたけるかなども最初から考えておかないといけません。また,風力発電所をけんせつするいきらす人たちは発電所をつくることにさんせいしてくれているのか,かんきょうに悪いえいきょうあたえずに発電所をけんせつして使い続けることができるのか,なども重要なチェックポイントです。
今のことだけでなく,ずっと先のことまで考えて,問題がないかどうか。もし,問題が起きたときは,だれせきにんを持ってたいおうするかなども,あらかじめ決めておくことが大切です。

1日に読むメールは数百通にも

1日に読むメールは数百通にも

わたしが働いているのは,東京・大手町のオフィス街にある三井住友銀行の本店です。朝9時くらいに出社しますが,帰る時間はそのときどきのいそがしさによります。18時に帰ることもあれば,いくつものプロジェクトが進んでいるときはおそくまで会社に残っていることもあります。

会社に来ると,最初にするのがメールチェックです。多いときには,1日に何百通ものメールをやり取りします。 プロジェクトに関わる会社やべん,コンサルタントとの会議や,社内でいっしょに仕事をするチームのメンバーやほかのしょの人たちと打ち合わせをすることも多いです。 太陽光発電所や風力発電所が開発される場所に足を運んで,げんの様子をかくにんすることもありますね。それ以外は,たくさんの書類やけいやくしょに目を通して,お金をすために必要なじょうけんけんとうする時間も多いです。

お金を通して,より良い社会をつくる

お金を通して,より良い社会をつくる

仕事をしていて大変だと感じるのは,関係者全員がなっとくするまで意見の調整を行うことです。
さいせいのうエネルギープロジェクトは,関係者がたくさんいるうえに,とても大きなお金が動きます。それぞれ意見や立場がちがうものを,時間をかけてていねいに話し合いまとめていきます。特に,むずかしいのは,何か問題があったときにだれせきにんを取るのかという「リスクぶんたん」です。「工事がおくれた場合はどうするのか」「国のほうりつが変わるのうせいがあるのかどうか」「自然さいがいが起きたときはどうするのか」,といったリスクを一つ一つ考えて,せきにんのありかを決めていくのはとてもむずかしい作業です。

それだけに,みんなの意見がまとまってけいやくまでこぎつけたときは,ものすごく達成感があります。自分が関わった発電所がじっさいに動いているのを見たり,ニュースでしょうかいされているのを目にしたりするとうれしいですね。わたしたち銀行がお金をすことで,社会がより良くなっていく。SDGsにもこうけんする「人の役に立つ仕事」ができたと感じるしゅんかんです。

大学時代からのゆめを,銀行の仕事でかなえたい

大学時代からの夢を,銀行の仕事でかなえたい

わたしは大学時代,「めぐまれない国や人の役に立ちたい」との思いから,こくさい協力の勉強をしたり,海外やさいがいいきでボランティア活動をしたりしていました。しょうらいは社会をささえる仕事をしたいと思ってしゅうしょく活動をしていたところ,ある銀行員の方が「プロジェクトファイナンス」という仕事を教えてくれたんです。「銀行の仕事を通じて,社会をささえるばんをつくるのもやりがいがありそうだな。銀行という立場なら,いろいろな業界の人と関わって,はばひろく社会の役に立てるのではないか」と考えて,えんあって銀行にしゅうしょくすることになりました。

銀行に入ってからは,中小ぎょうのお客さまをたんとうしてお金をあずかったりしたりする仕事,病院やオフィスビル,商業せつをつくるプロジェクトにお金をす仕事などをたんとう。2019年からプロジェクトファイナンスのたんとうになりました。ふくざつの大きなプロジェクトをあつかう仕事ですが,一つとして同じプロジェクトはありません。毎回,分からないことや,こんなんな問題がありますが,失敗やかべにぶつかりながら,分からないことが分かるようになる。チームのメンバーと協力しながらかべえていく。そういうけいけんを重ねることで,自分が成長していると日々感じています。

ちゅうになれることを見つけて,「今」をがんって

夢中になれることを見つけて,「今」を頑張って

みなさんは,大人になるのはまだまだ先のことと思っているかもしれませんが,あっという間に大人になってしまうもの。大人になってから,「あれをやっておけばよかった」とこうかいしないように,今のうちにちゅうになれるものを見つけてほしいですね。「これをやりたい!」という目的を持って,「今」をがんること。それが自信につながると思います。

まわりの人とくらべてしまうこともあるかもしれませんが、「自分は自分」と考えると,いい意味でかたの力がけて,前向きになれるものです。たとえうまくいかなくても,自分が努力したことであれば,それは必ずしょうらいざいさんとなります。せいかいは一つではありません。失敗をおそれずにどんどんチャレンジしてみてください。

ファンすべてを見る

(神奈川県 小6)
(兵庫県 小3)
(北海道 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

緒方貞子
日本人初の国連なんみん高等べんかんとして,冷戦終結後の10年間,世界のなんみんえんしたがたさださんのエッセイです。まだまだじょせいの社会進出が今ほどさかんでなかった時代に,海外の第一線でせいりょくてきに働く姿すがたはげしく心を打たれ,自分も「世界の人々の役に立つ仕事がしたい」と思うきっかけになった1さつです。
沢木耕太郎
香港からロンドンまでをヒッチハイクで旅するノンフィクションこう小説です。まだけいたい電話もなかった時代の話で,自分で行く先を切り開いていく姿すがたに,いっしょに成長しているような気分になります。「バックパッカーのバイブル」とも言われる1さつで,大学時代に読んだことがきっかけで,自分もバックパッカー旅行を始めました。