仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1968年 生まれ 出身地 熊本県
尾方おがた 公成こうせい
子供の頃の夢: プロ野球選手
クラブ活動(中学校): 陸上部
仕事内容
救急車で傷病者を病院へ運ぶ
自己紹介
まじめで、のんびり屋。お笑いが好き。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年10月23日)時点のものです

病院に着くまでにできること

病院に着くまでにできること

(だれ)かが大怪我(おおけが)をして救急車が必要になったら,何番に電話をかけますか?119番ですね。(わたし)は,119番に助けを求めてきた人たちの所へ救急車で向かう救急隊として働いています。救急隊は3名1組で1台の救急車に乗ります。そして,必ず3名中最低1人は,(わたし)のように救急救命士の資格(しかく)を持っている隊員がいなければなりません。救急救命士は,医師(いし)指示(しじ)を受けて医療(いりょう)行為(こうい)を行うことができます。つまり,器具を使って呼吸(こきゅう)が止まってしまっている傷病者(しょうびょうしゃ)処置(しょち)をしたり,静脈に点滴(てんてき)をしたり,呼吸(こきゅう)をする時の空気の通り道(気管)を管で確保(かくほ)したり,薬を投与(とうよ)したりなどを,病院に着く前にできるということです。それは少しでも早く救命処置(しょち)をして命を救うためにも,とても重要なことなのです。

24時間連続で働きます

24時間連続で働きます

救急隊は,朝8時30分から10分間で前日から勤務(きんむ)していた人たちと交替(こうたい)をして,次の日の朝8時40分まで24時間連続で働きます。119番に電話がかかって来ると,(わたし)達は救急車で傷病者(しょうびょうしゃ)怪我(けが)や病気の人)の所へかけつけます。現場(げんば)に着いてから,傷病者(しょうびょうしゃ)呼吸(こきゅう)や体温などの症状(しょうじょう)をみて,どのような応急(おうきゅう)処置(しょち)が必要なのかをすぐに判断(はんだん)処置(しょち)にあたります。そして,患者(かんじゃ)を受け入れてくれる病院を(さが)して連れて行き,患者(かんじゃ)症状(しょうじょう)と,行った処置(しょち)医師(いし)報告(ほうこく)して患者(かんじゃ)受け渡(うけわた)します。救急車の出動は,1日に平均(へいきん)10回ほどあります。1回の出動に1時間程度(ていど)はかかりますので,1日の半分近くは出動している,ということになります。

救急車に乗る以外の仕事もたくさん

救急車に乗る以外の仕事もたくさん

救急車で出動すること以外にもたくさん仕事があります。まずは,出動した後に現場(げんば)で何をしたか,どんな状況(じょうきょう)だったかを記録として残す仕事があります。その他は,救急車の中にある器具が正常(せいじょう)に使えるかどうかを1つ1つきちんと検査(けんさ)をします。もし調子が悪いようなものがあれば,直します。救急講習会(こうしゅうかい)地域(ちいき)の人たちに救急法の指導(しどう)をしたり,テレビや雑誌(ざっし)の取材を受けたりして,安全や救急時の対応(たいおう)方法について世間の人たちに広く知ってもらう大切な仕事があります。

救急救命士として大切にしていること

救急救命士として大切にしていること

救急救命士として働くにあたって気をつけていることが3つあります。1つめは,健康管理に気を使うということです。体力が必要な仕事なので,救急車に乗るようになってからは,仕事の前日には早めに()るようになりました。2つめは,救急救命士養成学校の教官から「慈愛(じあい)精神(せいしん)でやりなさい」と言われたことがあり,どんな時でも人を大切にするのだ,という気持ちをいつも(わす)れずに仕事をしています。そして,最後に,(わたし)達は3名1組のチームで働くので,チームワークを大切にしています。1人ではなく3名で,持っている知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)を出し合って協力し,傷病者(しょうびょうしゃ)のためになるようにすばやく行動することがとても重要です。どれも大切なことなので,いつも気にしながら働いています。

人の命と深く関わる仕事

人の命と深く関わる仕事

以前,「体育館で卓球(たっきゅう)をしている最中に突然(とつぜん)(たお)れた」という連絡(れんらく)が入り,救急車で急いで向かったことがありました。現場(げんば)に着いてみると,たまたまその場にいあわせた医者や看護師(かんごし)心臓(しんぞう)マッサージなどの応急(おうきゅう)処置(しょち)を行っていてくれたのも幸いして,意識(いしき)呼吸(こきゅう)回復(かいふく)した,ということがありました。(わたし)達だけでなく,多くの人の協力があってこそのことだったと思います。また,子どもが産まれそうで動けなくなった妊婦(にんぷ)さんを現場(げんば)から病院へ運んでいる途中(とちゅう)に,救急車の中で分娩(ぶんべん)が始まってしまい,(わたし)が子どもを取り上げたこともあります。その2週間後にはお子さんを連れて会いに来てくれました。救急救命士は,このようなことが毎日起きる,人の命と深く関わるやりがいのある仕事だと思います。そして,人の命が救われた時には,本当に(うれ)しい気持ちでいっぱいになります。

辛(つら)い事とも向き合う仕事

辛(つら)い事とも向き合う仕事

「マンションの5階から子どもが落ちた」という報告(ほうこく)を受けて,すぐに出動したことがあります。現場(げんば)へ向かう途中(とちゅう)は,「間違(まちが)いであって()しい」と思っていましたが,残念ながら現実(げんじつ)に起きていました。出血が多量だったので救命センターに運ぶことになり,落ちた子どものお母さんからお子さんの生年月日や名前を確認(かくにん)すると,偶然(ぐうぜん)にも(わたし)の長男と年齢(ねんれい)や名前が一緒(いっしょ)でした。(わたし)はますますショックを受けてしまい,しばらく(わす)れることができませんでした。この仕事は,傷病者(しょうびょうしゃ)本人だけでなく,その家族の人生にも深く関わる仕事だと思っています。命が助かればその後も人生を送ることができるし,()くなれば残された家族に影響(えいきょう)します。(うれ)しいことばかりではなく,(つら)いこととも直面しなければならない仕事だとも言えるでしょう。

母の命を助けてくれた救急隊

母の命を助けてくれた救急隊

(わたし)が高校2年生だった時の冬,母が風邪(かぜ)をひき市販(しはん)の薬を飲んだせいで,アレルギーが発生して呼吸(こきゅう)困難(こんなん)になってしまいました。(つい)には意識(いしき)がなくなり,夜中に救急車で運ばれていきました。結局母の命は助かり,本当に救急隊の人たちに感謝(かんしゃ)しました。(わたし)は,その時の救急隊のすばやい処置(しょち)態度(たいど)を見て,「救急隊になりたい!」という気持ちが芽生え,救急隊になることを目指したのです。その後公務員(こうむいん)になるために専門(せんもん)学校に2年通い,東京消防庁(しょうぼうちょう)に入り救急隊として働いているうちに,先輩(せんぱい)から「救命士になれ」と言われました。もともと救命士にもなりたかったのですが,同期生でもすでに救命士になっている人がいたのもあって,国家試験を受けることにしました。今は,救命士になって本当に良かったと思っています。

思いやりを持ってほしい

思いやりを持ってほしい

電車のホームで人を()しのけて電車に乗ろうとする中学生を見たことがあります。「1人はみんなのために。みんなは1人のために。」という言葉があるように,そういう気持ちを持っていると,周りの人にも思いやりを持って(せっ)することができると思います。そして,今後何かの(かべ)にぶつかった時は,1人で抱え込(かかえこ)まずに,(だれ)かに話すと楽になると思うので,1つ1つの出会いを大切にして仲間を()やしていって()しいと思います。

ファンすべてを見る

(岡山県 中1)
(東京都 小6)
(新潟県 小6)
(兵庫県 小6)
(埼玉県 小6)
(北海道 小4)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

政治経済の一般常識が勉強でき、息子と一緒に勉強しています。

もっと知りたいこの仕事人

どんな仕事?
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(中川)