仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1971年 生まれ 出身地 愛媛県
ふどうさんかんていし不動産鑑定士
ひろ
子供の頃の夢: エンジニア(車)
クラブ活動(中学校): 卓球部
仕事内容
不動産を調べ、価格を判定する
自己紹介
人とちがうことを好む性格せいかく。最近登山を始めた。子どもと遊びに出かけるのが大好き。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年08月10日)時点のものです

土地・建物の価格かかくをつける

土地・建物の価格をつける

不動産鑑定士かんていしとは,土地・建物などの不動産を調べ,その価格かかく判定はんていする(値段ねだんをつける)仕事です。お客さんから不動産の鑑定かんてい依頼いらいを受け,不動産を調べて,その不動産の価格かかくとその価格かかくをつけた理由を書いた「不動産鑑定かんてい評価書ひょうかしょ」という書類を作り,お客さんにわたします。この鑑定かんてい評価書ひょうかしょは,お客さんが土地の売り買いなどをする時に使ったり,税金ぜいきんを計算したりする時に必要になります。面積や形が同じでも必ずその土地がどういった場所にあるかがちがうので一つとして同じ不動産はなく,価格かかくはバラバラです。1つの不動産を鑑定かんていするのに必要な期間は1ヵ月程度ていどです。年に一回,1月1日に「地価ちか公示こうじ」があります。この日に,土地の価格かかくが上がった,下がったということが新聞で発表されます。不動産屋さんとよく間違まちがわれ,「いい物件ぶっけんはありますか?」「売っている土地はありますか?」と電話がかかってきますが,不動産の売り買いのお手伝いはしていないので全くちがう仕事です。不動産鑑定かんてい評価ひょうかは国家資格しかくを持った不動産鑑定士かんていしだけができる仕事ですので,不動産鑑定士かんていし以外の人が不動産の鑑定かんてい評価ひょうかをすると,犯罪者はんざいしゃになってしまいます。主に調査ちょうさに行く場所は,愛媛えひめ県の東部で,年に2,3回愛媛えひめ県の西部の方に行くこともあります。

不動産鑑定士かんていしの仕事の流れ

不動産鑑定士の仕事の流れ

鑑定かんていをする時は,まずお客さんから依頼いらいを受け,土地の場所を教えてもらいます。それから法務局ほうむきょくに行って,土地や建物のことについて書いている図面や書類をもらいます。図面,カメラ,メジャーなどを持って現場げんばに行って,現場げんばを歩いたり,空を見て高圧こうあつの電流を送る電線がないか見たり,道路の大きさや段差だんさがないか,水路がないかなど細かいことを調べます。不動産には法律ほうりつでたくさんの規制きせいがあるので,市役所や県の事務じむ所に行って,家が建てられない区域くいきではないかとか,都市計画道路で何年後かに道路ができる予定なので2階建て以上の建物はつくれないという問題がないかなどを調べます。また,昔は何をしていたか,何があった場所なのかを調べる必要もあります。たとえば,工場があれば化学物質ぶっしつなどを使用して土地にしみんでいないかとか,古墳こふんがあったかどうかなど様々さまざまなことを調べなければなりません。市役所などで調べた内容ないようがあっているかどうか,もう一度現場げんばもどって確認かくにんします。その後,事務じむ所で資料しりょうと不動産の価格かかく価格かかくをつけた理由を書いた不動産鑑定かんてい評価書ひょうかしょを作り,印鑑いんかんして,お客さんにわたします。

絶対ぜったいにミスはゆるされない

絶対にミスは許されない

官公庁かんこうちょうでは1月1日を基準日きじゅんびとして地価ちか公示こうじをすることが多いので,12月から2月が一番いそがしいです。8:00~18:00が勤務きんむ時間ですが,深夜まで仕事をすることもあります。半日は調査ちょうさで外に出ていますが,半日は事務じむ所で書類を作っています。仕事の依頼いらいは電話や書類などで受けることが多いので,人に会うことが少なく,営業えいぎょう活動もほとんどありません。不動産の値段ねだん高額こうがくなものになります。法律ほうりつのことや形や面積などで値段ねだんが大きく変わってくるので責任せきにんの重さを感じています。ちょっとした調べわすれで何割なんわり金額きんがくちがってくるので,絶対ぜったいにミスはゆるされません。いつも緊張感きんちょうかんを持って仕事をしています。

納品のうひんしたときはうれしい

納品したときはうれしい

細かい作業をして作り上げた不動産鑑定かんてい評価書ひょうかしょを,お客さんにきちんとわたせた時はうれしいです。ふっとかたの荷がおりて,気が楽になります。自分が作ったものが社会で必要とされていて,役に立っていることはとてもやりがいを感じます。不動産鑑定士かんていし愛媛えひめ県内で39人いますが,西条さいじょう市には2人しかいません。都会の満員電車や大渋滞じゅうたいがとても苦手で,都会でらしていた時は,地元に帰って開業したいと思っていました。

1つ1つ手をかない

1つ1つ手を抜かない

仕事の上で大切にしていることは,失敗はゆるされないので,当たり前のことをきちんと確実かくじつにすることです。頭の中でわかっていても実際じっさいに行動してみることが大切です。一度市役所に行って,図面を見て担当者たんとうしゃの方に必ず話を聞くようにしていす。「基礎きそデータ」というものがあり,そのすべてを調べに行くことは地味な仕事になりますが,1つ1つ手をかないことが大事なことです。そして,売り手側にも買い手側にもよらない中間の立場で判定はんていしなければならないので,公平でないといけません。

父の影響えいきょう

父の影響

小学生のころは機械の設計せっけいをしたいと思っていました。高校生の時に,父親がマンションを建てるさいに不動産鑑定士かんていしさがすのが大変だったことがありました。また,父がマンションや借家,不動産の仲介ちゅうかいの仕事をしていたので元々もともと不動産には興味きょうみがあり,専門せんもん的な職業しょくぎょうきたいと思っていたので,大学4年生の時に不動産鑑定士かんていしになることを決め,1年間は専門せんもん学校に通い勉強しました。2次試験に合格ごうかく後,2年間の実務じつむ経験けいけんをつみ,東京に1ヶ月間法定の研修けんしゅうに行きました。さらに1年間の実務じつむ期間をて,3次試験を受験して合格ごうかくし,不動産鑑定士かんていしとして国土交通省に登録することができたのです。

ドロドロになって遊ぶ

ドロドロになって遊ぶ

わたしは4人兄弟の3番目で,学校が終わると19時くらいまでずっと遊んでいました。駐車場ちゅうしゃじょうが家の前にあったので,ローラースケートやおにごっこをしたり野球をしたりしていました。家の中で遊ぶよりは外で遊ぶのが楽しくて,ドロドロになりながら遊んでいました。両親が朝早くから夜おそくまでレストランの仕事をしていたので,飲食店などの自営業じえいぎょうよりはサラリーマンになりたいと思っていました。

得意なことを見つける

得意なことを見つける

自分が好きなことを仕事にできるのが一番いいのですが,なかなか好きなことを仕事にすることはむずかしいと思います。また自分が好きなことを仕事にしたとたんに,その仕事が思っていたものとちがっているということもよくあります。自分の得意なことやできること,えんがあることを見つけて,社会の中での自分の役割やくわり一生懸命いっしょうけんめいやり続けてしいです。

ファンすべてを見る

(山口県 中1)
(奈良県 小6)
(東京都 中1)
(大分県 中1)
(岡山県 中1)
(栃木県 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

村上 春樹
外国旅行記。何回読み直したかわからない。5冊くらい買った。外国の空気を感じる。
福岡 伸一
生命とは何かというテーマに著者が答えている。面白かった。
取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社