大工(だいく)

大工(だいく)とは、主として木造建造物の建築・修理を行う職人のこと。古くは建築技術者の職階を示し、木工に限らず各職人を統率する長、又は工事全体の長となる人物をさしていた。かつては一般の木造建築の職人を「右官」(右官については土木建築の技能職の左官に対して、事務職としての呼称であったとの説もある。)、建築関係の職人を統括する者を「大工」と呼んでいたが、江戸時代頃から一般の職人も大工と呼び、統率者に対しては、棟梁と呼ぶようになった。江戸の発音では「デエク」である。

Wikipedia大工のページより引用

大工

「大工」の仕事内容と共通点がある職業

建築士建築士(設計士)工務店鳶職(足場)瓦屋表具師

「大工」の他の呼び方:棟梁、宮大工

あしたね仕事人インタビュー(「大工の仕事」に関する職業インタビュー)

もっと知りたいこの職業(「大工の仕事」に関する他サイトへのリンク集)