仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1968年 生まれ 出身地 東京都
金城きんじょう 純一じゅんいち
子供の頃の夢: 機械系の研究者
クラブ活動(中学校): テニス部
仕事内容
めっき加工で,のうなことをのうにする。
自己紹介
何事にもとことんこだわる,ねばづよせいかくです。休みの日は,3人の子どもたちと買い物に行ったり,外に出かけたりすることが気分てんかんになっています。
出身大学・専門学校

※このページに書いてある内容は取材日(2020年10月14日)時点のものです

表面をきんぞくでコーティングする「めっき」

表面を金属でコーティングする「めっき」

わたしとうきょうかつしかほりきりにある「かぶしき会社ナウケミカル」という会社の社長です。ナウケミカルは,パソコンやスマートフォンの中にある回路に使われる電子せいみつ部品など,わたしたちがちょくせつ目にする機会のあまりない,とくしゅなものへのめっきじゅつを持つ会社です。1983年にわたしの父がそうぎょうし,げんざいは6人の社員が働いています。
めっきとは,材料の表面にきんぞくうすまくをかぶせることをいいます。材料を美しくそうしょくするためだけでなく,サビからしたり,こわれにくくしたり,電気を流れやすくしたり,といったように,のうせいを高めたり,新たなのうを加えたりするためにも使われます。めっきにはさまざまな方法がありますが,ナウケミカルでは,電気を流しながら化学変化によってうすまくせっちゃくさせる「電気めっき」を行っています。これはめっきの中で最もいっぱんてきな方法です。
主に,お客さまかららいを受けて,材料にめっきをほどこします。お客さまから要望をうかがい,めっきする材料をいただき,指定されたしょにめっきをほどこし,けんぴんしてお客さまのもとへおとどけするまでが,ナウケミカルの仕事です。あつかきんぞくは,金,ニッケル,プラチナなどさまざまです。はんされているめっきえきを使うのがいっぱんてきですが,ナウケミカルでは,お客さまの要望に合わせてめっきえきを自社で開発しています。それによって,きんぞく以外の材料へのめっきや,みょうな色合いの調整など,きめ細かなたいおうのうになっています。

チャレンジする姿せいが,のうのうにする

チャレンジする姿勢が,不可能を可能にする

ナウケミカルは,どんなことにもチャレンジする姿せいを持ち,めっきする材料やそのないようせいげんもうけてはいません。これまであつかってきた材料は,きんぞくをはじめとする,電気を通すざいから,ガラス,セラミック,じゅといった電気を通さないざいまで,実にさまざまです。電子せいみつ部品以外にも,インターネットの光回線に使われる光ファイバーや,直径1㎜よりもっと細かいガラスなどのこなふんたい)へのめっきをとくとしています。ほとんどのめっき加工業者はめっきのみを行いますが,ナウケミカルでは,お客さまのニーズに沿った,新じゅつの開発も積極的に行っています。
のうのうにした成果の一つが,10ミクロン径のふんたいへのめっきじゅつを開発したことです。きんぞくふんじゅふん,ガラスふんの一つぶずつにめっきをほどこすことがのうで,うすきんいつな仕上がりの美しさがみとめられ,アイシャドーなどのしょうひんにも利用されています。ナウケミカルのお客さまは,家電メーカーからはんどうたいメーカー,工業せいひんメーカー,しょうひんメーカー,そして国の研究機関まで,にわたっています。

ひんしつチェックをてっていてき

品質チェックを徹底的に

社長であるわたしの仕事は,主に二つあります。一つは,お客さまのもとをおとずれて商談をする,えいぎょう活動です。お客さまから問い合わせをいただいてほうもんし,らいないようをうかがうだけでなく,ナウケミカルのじゅつを使ってもらいたい家電メーカーやはんどうたいメーカーなどにちょくせつれんらくを取り,自分たちのじゅつむことも積極的に行っています。
もう一つは,社内でトラブルが発生したときのたいおうや,めっきしたせいひんをお客さまのもとにとどける前のひんしつチェックです。めっきえきがうまく付かない,めっきをほどこしたものののうてきに問題があるといったトラブルは,少なからず発生します。そのようなほうこくを社員から受けたときには,わたしげんに入って,めっきえきじょうたいかくにんしたり,めっきしたせいひんそくていにかけて,電気の通り具合や表面にかぶせたはくまくあつみ,かたさなどをてっていてきに調べたりします。そうして問題のげんいんあくしたうえで,さいてきかいけつ方法をみちびし,社員にアドバイスします。高いひんしつたもつために,綿めんみつなチェックはおこたりません。

こんなんえて生まれた,世界初のめっきじゅつ

困難を乗り越えて生まれた,世界初のめっき技術

ナウケミカルでは,これまで数々のめっきじゅつを開発してきましたが,中でも,「金・すずの合金めっき」は,他に類を見ないらしいじゅつだと自負しています。金とすずの合金は,固体からえきたいになるゆうてんが300℃と高いことからたいねつせいすぐれ,光ファイバーなど,社会のばんささえる部品に多く使われています。 金とすずの合金のめっきはじゅつてきのうとされてきましたが,わたしの父が,世界で成功例がないことにちょうせんしようと,仕事の合間に研究を重ねてきました。失敗をかえし,ようやく成功のみちすじが見えたころで研究かいはつが底をつき,とうきょうの研究開発じょきんをいただくことで,なんとか開発を続けることができました。そして,あしけ20年をて,ついに開発に成功し,2002年にとっきょを出願するにいたったのです。
当時,入社間もないわたしあたえられたのは,金・すずの合金めっきをお客さまにむ仕事でした。ところが,えいぎょう活動を行う中で,このめっきじゅつをお客さまに使ってもらうためには,まだまだ多くの課題があることが発覚したのです。わたしはそこであきらめず,お客さまと打ち合わせを重ね,改良をかえしました。そして,ようやくお客さまに使っていただけるレベルにたどり着きそうなときに父が病気でくなり,「父のためにも必ず実用化してみせる」と心にちかいました。それから一年後に実用化できるレベルのものが完成し,晴れて多くのお客さまに使っていただけるようになったのです。
金・すずの合金めっきは,開発に20年かかり,さらに実用化するまでに5年のこうさくを重ねた,まさにこんなんえて生まれたじゅつです。この開発を通して,わたしは父から,めっきじゅつしゃとしてのプライドを持ち,あきらめずに研究を続ける姿せいを学びました。のうのうにするしゅうねんが,社風としてけいしょうされています。

お客さまのせいひんこうけんできることがよろこ

お客さまの製品に貢献できることが喜び

これまでに最もワクワクしたのは,ちゅう関連事業を手がけるぎょう のお仕事です。
ロケットには,電気を通りやすくして,ねんりょうしょうおさえる「ちょうでんどう」というじゅつまれています。ナウケミカルでは,このちょうでんどうじゅつのうにするための電子回路ばんへのめっきを行いました。
子どものころ,かいけいの研究者になることがゆめだったわたしは,ロケットにあこがれがありました。この仕事を通して,ロケットの一部分にたずさわることができて,長年のゆめかなったような思いでした。
ナウケミカルは完成品の一部分に関わっているだけであり,わたしたちの仕事が最終的にお客さまのせいひんこうけんできたのかを,自分たちではんだんすることはできません。そんなこともあって,お客さまから「ナウケミカルさんに関わってもらったロケットの打ち上げに成功しました」とれんらくをいただいたときは,本当にうれしかったですね。

失敗してもあきらめず,「どうすればできるのか」を考える

失敗してもあきらめず,「どうすればできるのか」を考える

わたしはもともと,むずかしいことにちょうせんすることが好きで,仕事のモチベーションは,ワクワクできることにあります。ロケットの一部分にたずさわったことも,その一つです。ワクワクする仕事はじゅつてきむずかしいことが多いので,やり始めると大変なことが多く,失敗の連続です。時にはお客さまの求めるような仕上がりにならず,おしかりを受けることもあります。でも,そこで下を向くのではなく,「次こそはもっといいものを作ろう」と前向きな気持ちを持つようにしています。できないからやめるのではなく,「どうやったらできるのか」を考え続けて,できたよろこびを実感できることが,この仕事のやりがいです。
そして,ナウケミカルが最もこだわっているのは,ひんしつてっていてきに高めることです。お客さまは,ナウケミカルのじゅつりょくしんらいして仕事をらいしてくれています。そのしんらいこたえたいという思いで,たとえむずかしい要望であっても,さいぜんくしています。

しょくにんわざ」が残っているからこそ,のうせいは広がる

「職人の技」が残っているからこそ,可能性は広がる

高校生のころ,父から「いずれは会社をいでほしい」と言われましたが「自分で選んだ道を進みたいので,ぐ気はない」とせんげんしました。大学では機械工学を学び,卒業後にしゅうしょくした光学メーカーでは,せいひんを開発するための機器のメンテナンスやかいぞう,UVカットガラスのせいを高める光学せっけいなどをけいけんし,えいぎょうで光学部品のはんばいにもたずさわりました。
そんな中,父から「ナウケミカルの仕事を手伝ってほしい」とたのまれ,一年間なやんだ末,2001年に入社しました。父はじゅつ開発で成果を上げる一方,会社のえきにはどちらかというととんちゃくで,わたしが入社した時期はけいえいきびしいじょうきょうでした。父のき後,社長にしゅうにんしたわたしが,けいえいどうに乗せるために思いついたのが,あえてむずかしい仕事を手がけることでした。父が残してくれたじゅつりょくを生かし,他社にはできないことをして付加を高めたいと考えたのです。むずかしい仕事を手がけていくうちに,さらにじゅつりょくを高め,周りからは「ナウケミカルは最後のとりで」とひょうされるようになっていきました。 めっき加工という仕事は,じっさいにやってみるとおくが深く,のうせいげんにある分野です。わたしが感じるめっきのおもしろさは,しょくにんわざが残っているところにあります。デジタル化の時代にあっても,めっき加工はほとんど機械化されておらず,人の感覚やけいけんがものをいう部分が大きいのです。

本当にワクワクすることを見つけて,自分の道をすすんでほしい

本当にワクワクすることを見つけて,自分の道を突き進んでほしい

子どものころは,友だちと外で遊ぶよりも,一人で本を読んでごすことが好きでした。読んでいた本のジャンルは,小説から実用書までさまざまで,本の世界にはいむことにここよさを感じていました。
一方,化学分野の研究者だったえいきょうを受け,研究者へのあこがれを持ち続けていました。ただ,理科や数学はあまり好きではなかったので,高校生になると,「文学部に行きたい」と思うようになりました。うちは代々,けいけいだったこともあり,文学部への思いを父に話すと大反対されてしまいました。それでも大学には行きたかったので,父がすすめる工学部の中でも,一番しゅうしょくりつがいいという機械工学科をしぶしぶ選びました。入学の動機はばくぜんとしたものでしたが,入学後は周りの学生にえいきょうされて,自分で機械を改良したり,ものづくりをしたりすることが好きになっていきました。
子どものころは,とにかくいろいろなけいけんをすることが大切だと思います。きょうを持っただけであきらめずに,「おもしろそうだな」と思ったことには,ちゅうちょせずにどんどんちょうせんしてほしいのです。子どものころにしかできないさまざまなけいけんを通して,「本当にワクワクすること」を見つけて,自分の道をどんどんすすんでください。

ファンすべてを見る

(兵庫県 中1)
(茨城県 小6)
(東京都 小6)
(大阪府 中1)
(北海道 小6)
(福島県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

サン=テグジュペリ
子ども向けに書かれた童話ですが,大人にこそ響く,人生の教えが詰まっている名作です。「いちばん大切なことは,目には見えない」というフレーズが特に好きです。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:國分 唯未(Playce)・東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫