仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1988年 生まれ 出身地 東京都
きぎょうか起業家
矢島やじま 里佳りか
子供の頃の夢: ジャーナリスト
クラブ活動(中学校): 茶華道部
仕事内容
職人しょくにん技術ぎじゅつで子どもの日用品をつくる
自己紹介
職人しょくにん技術ぎじゅつ伝統でんとう魅力みりょくかれ,19さいころから日本の伝統でんとう文化・産業の情報じょうほう発信の仕事を始める。「21世紀の子どもたちに,日本の伝統でんとうをつなげたい」という想いから,大学4年時である2011年3月株式会社かぶしきがいしゃ和えるを設立せつりつ幼少期ようしょうきから職人しょくにんの手仕事にれられる環境かんきょう創出そうしゅつすべく,子どもたちのための日用品を,日本全国の職人しょくにんと共につくる“0から6さい伝統でんとうブランドaeru”を立ち上げる。また,全国の職人しょくにんとのつながりを活かしたオリジナル商品・イベントの企画きかく講演会こうえんかいやセミナー講師こうし雑誌ざっし書籍しょせき執筆しっぴつなど幅広はばひろ活躍かつやくしている。2014年7月,書籍しょせき『和える-aeru- 伝統でんとう産業を子どもにつなぐ25さい女性じょせい起業家』を出版しゅっぱん。第4回 日本政策せいさく投資とうし銀行(DBJ)「女性じょせい新ビジネスプランコンペティション女性じょせい起業大賞」受賞。
出身大学・専門学校

※このページに書いてある内容は取材日(2015年01月14日)時点のものです

経営者けいえいしゃ経営けいえいをせず,未来を予測よそくする力をみが

経営者は経営をせず,未来を予測する力を磨く

わたしは「株式会社かぶしきがいしゃ和える」の創業者そうぎょうしゃであり,経営者けいえいしゃでもあります。創業そうぎょう経営者けいえいしゃ,とぶこともあります。日本の伝統でんとう技術ぎじゅつを持つ職人しょくにんさんが手作りした,0~6さいの赤ちゃん,子ども向けの日用品を企画きかくし,販売はんばいしています。
創業そうぎょう経営者けいえいしゃには,①会社で働いてくれる人をどのように集め育てるか,②創業者そうぎょうしゃにしか語れないことを世の中にどのように伝えるか,③お金の管理,この三点が求められていると感じています。創業者そうぎょうしゃにしかできないこと,経営者けいえいしゃとしてすべきこと,両方があるということですね。
わたしは「経営者けいえいしゃとして経営けいえいしないこと」が重要だと思っています。わたしは、創業者そうぎょうしゃとして和えるの想いを伝え、50年、100年先の和えるのことを考えながら、経営者けいえいしゃとして現在げんざい状況じょうきょうから会社がうまくいくよう判断はんだんしながら、未来を見て仕事をしたいと思っています。会社として,いつ,だれと,何をするのか,今より先をつね予測よそくし,考えながら行動しています。そのためには,過去かこや歴史を学ばないといけません。昔の人たちが何を考え,どう行動したか学び,自分が置かれている今の状況じょうきょうと照らしあわせながら未来を予測よそくする力をみがき続けています。

職人しょくにん智慧ちえわざを,商品を通じて世の中に伝える

職人の智慧と技を,商品を通じて世の中に伝える

赤ちゃんの「おくるみ」,ベビーカーのひざけ,お母さんの授乳じゅにゅうケープ,大人の羽織はおりもの,どのような形でも使えるニット素材そざいのブランケットを作り、販売はんばいしました。商品を企画きかくするときは,職人しょくにんさんとたくさん話をして,だれに向けたどのような商品か具体的に考えたり,長く使ってもらえるような工夫をしたりしました器やコップなどが,使ううちにこわれてしまったときは,金ぎやうるしり直しなどの修理しゅうりも行います。修理しゅうりをして物を長く使ってもらうと,新しいものが売れなくなってこまるかもしれない,と思うかもしれません。しかしわたしは,修理しゅうり職人しょくにんさんたちにお願いしていますから,新しい物を生産して消費する以外の経済けいざい活動(お金の流れ)を生み出していると思っています。すると職人しょくにんさんたちも安心して仕事ができたり,新しいアイディアがでてきたりします。こうして,お客さん,会社,職人しょくにんさんとの間に良い関係ができるのです。 わたしたちの会社では,「伝統でんとう産業」という言葉にこだわって発信をしています。「伝統でんとう工芸」と言うと,どこかに大切に保管ほかんしてながめるものという感じがしていまいます。しかし「伝統でんとう産業」と言えば,生産したものが実際じっさい人々ひとびとの手にわたり,使ってもらう姿すがたまで見えてきますよね。将来しょうらい的には「伝統でんとう」の言葉をとって,現代げんだいの日本の有力な産業となることを願い日々ひび取り組んでいます。

苦労や失敗から学び,じっくり対話すること

苦労や失敗から学び,じっくり対話すること

わたしは,苦労や失敗から多くを学びました。いたい思いをして初めて分かったこともたくさんありました。そして,会社を経営けいえいし始めてしばらくすると,いつ何が起こるかだいたい分かってくるのですが,予想通り起きたことにただ対応たいおうしているだけでは面白くないですよね。予想通りのことと,予想外のこと,それぞれに対応たいおうできるバランス感覚も大切だと学びました。
さらに,たくさんの人と働いて,1ヶ月で能力のうりょく発揮はっきできる人もいれば,長年かかる人もいることが分かりました。その人が置かれている状況じょうきょう環境かんきょう,人間関係などさまざまな要因よういんがありますが,これは職人しょくにんさんもわたしの会社の社員でも同じで,本当に人それぞれだと感じますね。職人しょくにんさんは技術ぎじゅつ基礎きそを5年で学び,そこから5年経験けいけんを積み,10年ってようやく一人前だとみとめられます。最近は結果や答えがすぐに分かることが良いことであると考える人が多いように思いますが,職人しょくにんさんたちと話すと,今日明日の話ではなく,遠く先まで見通してお話されているように感じます。特に自然を相手にする職人しょくにんさんは,じっくり時間をかけて自然と対話をしていると思いますね。

文化を生み出した企業きぎょうと言われるように

文化を生み出した企業と言われるように

お客さんが「赤ちゃんを連れて見やすいお店」とほめてくださったり,職人しょくにんさんが「経営けいえいが安定して来たよ,『和える』さんが注文をしてくれるから」と言ってくださったりします。お客さんや一緒いっしょに仕事している人など,いろいろな人からこうした言葉をいただくたび,だれのために仕事をしているかさい確認かくにんでき,その人たちに想いがとどいているのだとうれしくなりますね。
フランスをおとずれたさい,フランスのとある伝統でんとう的なブランドについて現地げんちの人たちにたずねてみました。すると,「大切にものを作るブランドで,この会社があることがフランスのほこりだ」と言われました。「和える」もそういう企業きぎょうでありたいと思いました。そして,人々ひとびと日常にちじょうらしの中で「和える」の商品を当たり前のように使ってもらい,いつか「日本の文化を生み出した企業きぎょうだよね」とおっしゃっていただけたらうれしいです。

何代にもおくり続けられるものを最初におくろう

何代にも贈り続けられるものを最初に贈ろう

赤ちゃんのころから使えて,その子の子どもや孫と何代にもわたって使い続けてもらえるものをおくろう,ということを大切にしています。
わたしは起業する前に,職人しょくにんさんたちと,「モノづくり」は本当にやっていいことなのだろうかと話しました。消費するためにものを作り,結局はゴミがえてしまうだけなのではないかと感じていたからです。21世紀にモノづくりをすることは,どのような意味があるのか改めてじっくり考えました。職人しょくにんさんと話すうちに,「ものの無い世界にもどろうとするのではなく,ずっと使い続けられるものを,生まれたばかりの赤ちゃんにプレゼントすればいいのではないか。そうすれば,ゴミをらせるだけでなく,歴史や文化を受け継うけつげるのではないか」と考えました。起業後もその考えを大切にして,商品を企画きかくしています。モノを大切に長く使い続けてもらうことで,人々ひとびとの心もゆたかにしていきたいという想いもめています。

ジャーナリスト志望しぼうから会社を立ち上げる

ジャーナリスト志望から会社を立ち上げる

ジャーナリストを目指し,大学に入りました。大学では,伝えたいことは何か考えて,自分の中で言葉にすることの大切さを学びました。そして実際じっさいわたしはジャーナリストになって何を伝えたいかと考えたとき,中学,高校で入っていた茶華道さかどう部のことを思い出しました。お茶室には茶碗ちゃわん茶杓ちゃしゃくなどの伝統でんとう産業品があり,とても落ち着く空間でした。しかし,それらがどのように作られ,なぜその値段ねだんなのか,何も知りませんでした。また,東京や千葉で育ったため,日本各地にあるさまざまな伝統でんとう産業についてもあまり知りませんでした。そこで,伝統でんとう産業をささえる若手わかて職人しょくにんさんを取材し,伝統でんとう産業について伝えてみようと思うようになりました。実際じっさいに初めて職人しょくにんさんを取材したとき,伝統でんとう産業はやはり魅力みりょく的で面白く,自分が日常にちじょう的にこういうものに囲まれたと思いました。そして,取材内容ないよう雑誌ざっし記事として掲載けいさいしてもらうことができました。
日本全国各地で取材を続ける中で,職人しょくにんさんの作っているものは全て大人向けで,子ども向けのものをなぜ作らないのかと聞いたことがあります。「作らないわけではなくて,発想が無かったと」言われました。そこで大学3年生のころ,この発想を実現じつげんさせられるよう,今の会社を立ち上げることに決めました。

好きなことはとことこんやる子どもだった

好きなことはとことこんやる子どもだった

わたしが自分の手で初めて作ったものは,幼稚園ようちえんのころ作った,重たいオブジェのようなコップです。今でも家にあります。上手ではないのですが,絵も好きです。コンクールで佳作かさくに入選したこともありました。また,英会話教室に通い,遊びながら楽しく英語にれました。他にも書道を習ったり,バレエやピアノなど,好きなことはとことんやらせてもらいました。小学生のころは勉強ができた方だったのですが,中学高校では数学や物理がなんむずかしく,苦手だと感じるようになりました。英語は英会話教室に通っていたおかげで,書くのは苦手でしたが,話すことは好きでしたね。
かえると,子どものころから人に何かを伝える,表現ひょうげんすることが好きだったのだと思います。また,得意と苦手がはっきりしていてわかりやすくて,できないものはあきらめつつ,できるものでカバーする子どもだったと思います。

自分との対話を大切にして,自分に素直すなおに生きてしい

自分との対話を大切にして,自分に素直に生きて欲しい

みなさんには自分との対話を大切にして,自分に素直すなおに生きてしいです。人とは対話しているけれど,自分と対話する機会は意識いしきしないと作れないと思います。
自分と対話するイメージを分かりやすくしてみましょう。例えば,自分の中に悪い妖精ようせいと良い妖精ようせいがいて,それぞれの立場でいろいろな主張しゅちょうをしている。その妖精ようせいたちの声に耳をかたむけてみるような感じです。
自分の気持に素直すなおになって、生きるということは強い意志いしとぶれないじくが大切です。みなさん、素敵すてきな人生を自ら切り拓き  ひらいてくださいね!

ファンすべてを見る

(広島県 小3)
(東京都 小6)
(群馬県 小6)
(愛知県 中1)
(千葉県 小6)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

もっと知りたいこの仕事人

どんな職場?
取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社