仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1977年 生まれ 出身地 埼玉県
ぷろぐらまプログラマ
ponchanぽんちゃん
子供の頃の夢: 覚えてません
クラブ活動(中学校): 陸上部
仕事内容
医療機器のプログラムを開発する
自己紹介
外見はおっとりしていそうだけど、実は激しい面もあり、結構頑固(がんこ)。他の人が思いつかないような新しいものを考えたり、作るのが大好き。休みの日はドライブ、温泉、おいしいものを食べに行ったりします。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年10月25日)時点のものです

体の中を立体的に見せる

体の中を立体的に見せる

撮影さつえい)したデータをコンピュータで処理しょり)することで,体の中の様子を画像がぞう)で見ることができます。体を切らなくても体の中にあるはい)心臓しんぞう),血管などが見えるなんてすごいでしょ!何年か前までは,体の断面図だんめんず)を5ミリ間隔かんかく)でしか撮影さつえい)できなかったので,お医者さんは何まい)もの断面図だんめんず)を見て体の中の様子を想像そうぞう)していました。でも,最近は技術ぎじゅつ)が進歩して0.5ミリくらいの間隔かんかく)撮影さつえい)できるようになったので,1回の検査けんさ)で2000まい)くらの体の断面だんめん)撮影さつえい)データが得られます。わたし)達の会社では,そのたくさんの撮影さつえい)データから,体の中の心臓しんぞう)はい)などを立体的に見えるようにするプログラムを作っています。ぼく)はこの会社で,自分でプログラムを書いたり,他の社員の得意を考えて仕事を))ったり,仕事の進み具合を確認かくにん)したりする仕事をしているんですよ。

お医者さんの見たい画像を映し出す

お医者さんの見たい画像を映し出す

わたし)達の会社の中には,体の中をどういう風にうつ))画像がぞう))しいのかをお医者さんと話し合う仕事をしている人がいます。その人達からお医者さんが)しい画像がぞう)を伝え聞いて,どのようなプログラムを書けば良いのかを考えるのがぼく)の仕事です。例えば,お医者さんから「病気の部分を短い時間できちんと見つけられるように,大腸を切って開いたような形もパソコン上で見えるようにして)しい」という要望があったら,その要望にこた)えるため)には,どうすればいいのかを考えて,それをかな)えられるプログラムを書いていきます。たくさんの患者かんじゃ)さんの病気を見逃みのが)すこと無く発見したり,病気の状態じょうたい)正確せいかく)把握はあく)するために,お医者さんにはたくさんの要望があるんですよ。

100万行のプログラム!

100万行のプログラム!

CT検査けんさ)撮影さつえい)したデータは,平面の白黒画像がぞう)状態じょうたい)のデータです。このデータをどうやって立体的にしたり,色をつけたり,展開図てんかいず)も見えるようするかというと,全てコンピュータにそのような計算や出力をするように指示しじ)を出すんです。例えば「色をつける」「線をひく」「足し算をする」なども命令をプログラム言語という特殊とくしゅ)な言葉で1行ずつ書くと,1行につき1つの仕事をコンピュータがしていきます。そういう命令をたくさん組み合わせると,CT検査けんさ)でとってきた情報じょうほう)から,心臓しんぞう)の絵が立体的に見えたり,画像がぞう)を回転させたりできるようになるんです。その動きができるようになるのには全部で100万行くらいの命令が必要なんです。1行1センチだったら10000メートル分のプログラムを書いているんです。世界一高い山エベレストよりも高いですね。

全体像を考えてからプログラムを書く

全体像を考えてからプログラムを書く

ぼく)はプログラムを書く時に,パソコンに向かってどんどん命令を書いていくのではなく,まず,紙の上や頭の中で,「どう書けば,一番書く分量が少なく効率こうりつ)的か」を考えて,全体像ぜんたいぞう)がイメージできてから実際じっさい)にプログラムを書き始めます。書き始めたら一日ずっとパソコンに向かってプログラムを))んでいます。とても長いプログラムなので作ったプログラムが予定通りに動かないことも良くあります。予定通りに動くのは2回に1回くらいかな。書き上げたプログラムを動かしてみたら,パソコンが止まってしまったり,あるボタンを)したら右に回転するはずの画像がぞう)が左に回転してしまったり…。プログラムを少し書き間違まちが)えたり,順番がぎゃく)になっていたりするだけでもこういうことになってしまいます。どうしても間違まちが)いは起こるものなので,間違まちが)いを早く発見できるようなプログラムを書いておくことも大切なんですよ。

できなさそうな問題を解決する

できなさそうな問題を解決する

お医者さんからの要望の中には,検査けんさ)装置そうち)やコンピュータの性能せいのう)の問題で,実現じつげん)できなさそうな要望や,実現じつげん)できるとしても長い時間がかかってしまいそうな要望もあります。でも,よくよく考えてパズルを)くように解決策かいけつさく)が思いつくこともあります。そうやって,一見できなそうに思えるものを解決かいけつ)していく時間はとても楽しくうれ)しいです。それから,お医者さんに「前より便利なプログラムになったね」と言ってもらえることもうれ)しいですね。以前,心臓しんぞう)はい)を4つの角度から見た断面図だんめんず)頻繁ひんぱん)に見ていたお医者さんがおられたのですが,その4まい)画像がぞう)を見るためには画面上でたくさんの操作そうさ)が必要だったんです。それがボタン1つで必要な画像がぞう)を見ることができる機能きのう)を作ったときには,すごく喜んでもらえました。

スイッチを入れると動き出す

スイッチを入れると動き出す

物心ついた時から,電池とモーターが入っていて,スイッチを入れると動くようなおもちゃが好きだったんですね。それと少し)ているのですが,コンピュータもプログラムでルールを決めて指示しじ)を出すと,後は自動でコンピュータが動きますよね。きっと,ぼく)はそれが好きなんでしょうね。小学4年生くらいの時に初めてコンピュータをさわ)ったのですが,最初のうちはコンピュータが何かよく分からない箱に見えて,何をすれば良いのか分かりませんでした。昔のコンピュータは今のように使いやす)くはなくて,自分で何か))まないと何もできなかったんですよ。なので,コンピュータの専門誌せんもんし)に書いてあるプログラムを))んで遊んでいました。そうやってプログラム書いていたので,中学に入って英語を習う前に「IF」とか「THEN」とかを覚えてしまいました。

本格的にやりたい

本格的にやりたい

中学生のころ)も高校生のころ)もプログラムを書いてゲームを作っていました。大学1年生の時もプログラミングのアルバイトをしていて,会社でプログラムを書いている社員さんにも負けずに仕事をしていましたが,その時は将来しょうらい)プログラムを書く仕事に)こうとは思っていませんでした。ぼく)はプログラムを書くことが好きなので,仕事にしてしまうといや)なこともでてくるので,趣味しゅみ)のままプログラミングを楽しもう!と思っていたんです。なので,大学を卒業してから,経営けいえい)についてアドバイスをすることを仕事とする会社に就職しゅうしょく)したのですが,結局その会社の中でもプログラム開発の担当たんとう)になってしまいました。でも,仕事をどんどんやっていくうちに火が付いたんです。どうせならもっと本格ほんかく)的にやりたい!って。そこで,技術力ぎじゅつりょく)が高くて,お金もたくさんもらえる今の会社に転職てんしょく)しようと決めました。

)き火で焼きいも)

焚き火で焼き芋

小学生の時は,友達と近所と朝早く起きて湖で)りをしたり,外で遊ぶことが多かったですね。あとは,火を)やすことが好きで,))で焼きいも)を作ることが遊びになっていました。川と山もあってめぐ)まれた自然環境かんきょう)でしたね。中学生になって,家から少し遠い中学校に電車で通いだしたのですが,学校の友達には都会の子が多かったので,外で遊ぶことは少なくなって,家でプログラムを書くことが多くなりました。

好きなことを大切に!

好きなことを大切に!

自分の好きなことを大切にして下さい。好きなことしようとすると,「出るくい)は打たれる」とも言われるように,周りの人から止められることもあると思います。でもそんなことは気にせず好きなことを追求して)しいです。ぼく)頑固がんこ)なので,人に合わせることは好きではなくて,いや)なことはいや)だ,という感じで生きています。自分の思ったことややりたいことをやりぬくと結構けっこう)楽しいものです。ぼく)はプログラムを書くのが本当に好きなので,それを考えている時が一番楽しいですね。好きなことを追求していると案外それが人にみと)めてもらえたり人の役にたったりするんですよ。

ファンすべてを見る

(東京都 中3)
(大阪府 小6)
(大阪府 中2)
(埼玉県 小6)
(大阪府 小6)
(静岡県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

リリーフランキー
人と人のつながりが大切さを強く思い出させてくれる一冊。親孝行したいと思いました。

もっと知りたいこの仕事人

どんな会社?
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(熊谷)