仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

北海道に関連のある仕事人
1975年 生まれ 出身地 北海道
ちずへんしゅう地図編集
眞崎まざき 晃文あきふみ
子供の頃の夢: 高校教師
クラブ活動(中学校): 野球部
仕事内容
用途に沿った地図を編集し,制作する。
自己紹介
マイペース。頑固がんこ自分じぶん出来できることは精一杯せいいっぱいやるようにこころがけています。趣味しゅみはジョギングと献血けんけつです。

※このページに書いてある内容は取材日(2016年04月26日)時点のものです

用途ようとわせた地図ちず編集へんしゅうする仕事しごと

用途に合わせた地図を編集する仕事

わたし地図ちず編集へんしゅうという仕事しごとをしています。仕事しごと仲間なかまでは,地図調製ちずちょうせいともんでいます。地図ちず調製ちょうせいというのは編集へんしゅうするということです。国土地理院こくどちりいん自治体じちたいのデータをもとに,さまざまな地図ちずつくっています。
みなさんは,地図ちずくと地図帳ちずちょうやインターネットの地図ちずおもかべるかもしれませんが,わたし使つかみち限定げんていされる専門的せんもんてき地図ちずつくることがおおいです。
たとえば,水道管すいどうかんやガスかん配管図はいかんず建築物けんちくぶつ規制きせいかんする地図ちず都市計画図としけいかくず),災害さいがいきたときの影響えいきょう避難所ひなんじょなどをしるした防災地図ぼうさいちず(ハザードマップ),地面じめんの下の土の種類しゅるいしめした地図ちず地質図ちしつず)などです。たとえば旭川あさひかわ駅前えきまえが大きくリニューアルしたときに,旭川市あさひかわしからの道路情報どうろじょうほうもとあたらしい配管図はいかんず作成さくせいしました。また,かみ地図ちずだけではなく,パソコンで使つか地図ちずつくっています。

地図編集ちずへんしゅう年度末ねんどまついそがしい

地図編集は年度末が忙しい

わたしつとめている北海道地図株式会社ほっかいどうちずかぶしきがいしゃでは,地図ちず作成さくせいするさいは,営業えいぎょうがお客様きゃくさま要望ようぼうき,「地図ちずをつくるところ」と相談そうだんするというながれになっています。わたしは,「地図ちずをつくるところ」のおも準備じゅんび点検てんけん担当たんとうしていて,職場しょくばおな仕事しごとをする人は,現在げんざい6人ぐらいです。作業上さぎょうじょう不明点ふめいてん確認かくにんしたり,効率こうりつよく地図ちずつくれるよう準備じゅんびしたり,地図ちずになるよう提案ていあんしたり,地図ちず間違まちがいがいかを点検てんけんするのが,主任しゅにんという立場たちばであるわたしおも役割やくわりです。出勤しゅっきんは,820分頃ふんごろ終了時間しゅうりょうじかんは,1730ふん地図ちずたずさわる仕事しごとでは,新年度しんねんどけてあたらしい地図ちずつくったり,更新こうしんしたりすることがおおく,1月から3月の年度末ねんどまつはとてもいそがしくなります。

正確せいかく地図ちずつくるには検品けんぴん重要じゅうよう

正確な地図を作るには検品が重要

できるだけお客様きゃくさま要望ようぼうこたえたいとおもっていますが,時間的じかんてき技術的ぎじゅつてきむずかしい場合ばあいに,調整ちょうせいするのに苦労くろうしています。地図ちずかんする国土地理院こくどちりいん自治体じちたいのデータりょう膨大ぼうだいで,わたしつねにそのデータをいかに効率こうりつよく地図ちずづくりに生かせるかとかんがえています。たとえば,編集へんしゅうするためにデータを入力する作業さぎょうは,整理せいりするだけでも相当そうとう時間じかんがかかります。そこで,あれこれとかんがえてあたらしい方法ほうほうを試してみるのですが,うまくかず,結局時間けっきょくじかんのかかる従来じゅうらい方法ほうほうすすめることもおおいのです。しかし,それも経験けいけんとなりますので,いかに正確せいかく効率こうりつよく作業さぎょうができるかということをかんがえ,つねあたらしい方法ほうほうを試しています。
また,当然とうぜんですが地図ちず正確せいかくでなければいけません。そのため,検品けんぴんという制作せいさくした地図ちず間違まちがいがないかチェックする作業さぎょうはとても重要じゅうようです。それでも,どこかに間違まちがいがあって,つくなおしになってしまったときは大変たいへんですね。

客様きゃくさま要望ようぼうこたえられる地図ちずをつくるよろこ

お客様の要望に応えられる地図をつくる喜び

苦労くろうしてつくった地図ちずをお客様きゃくさまにおわたしして,いものができたとおめの言葉ことばをいただいたときはうれしいですね。以前いぜんわたし世界地図せかいちずをつくる仕事しごとたずさわったことがありまして,いろいろな国の情報じょうほうあつめながら,一定いってい基準きじゅん編集へんしゅうして地図ちずつくりました。とく紛争地域ふんそうちいきなどは,それぞれの立場たちば主張しゅちょうがありますので,国境こっきょうはどのようになっているのか入念にゅうねん調査ちょうさして,報告書ほうこくしょきながらつくりました。世界地図せかいちずをつくる作業さぎょうわたしの人生でもはじめてのことで,全世界ぜんせかい情報じょうほう調しらべるのは大変たいへんでしたが,お客様きゃくさまから「地図ちずができましたね」とわれたときは本当ほんとうにうれしかったです。とても面白おもしろくやりがいのある仕事しごとでした。

自分じぶんでできる範囲はんいのことは100%の力で仕事しごとをする

自分でできる範囲のことは100%の力で仕事をする

わたしは,いま主任しゅにんとして地図ちずをつくる全体ぜんたいながれを把握はあくして仕事しごとすすめていますので,効率こうりつよくいものをつくりたいとおもっています。そのために,いろいろあたらしいことを勉強べんきょうしたり,自分じぶんでやってみたりしています。また,自分じぶんのできる範囲はんいのことは精一杯せいいっぱいやるようにこころがけています。たとえば,わたし検品けんぴんするという役割やくわりになったときには,だれかにまかせるのではなく,自分じぶん仕事しごととして100%の力で作業さぎょうします。 チームとしてもおなじで,一人ひとりが責任せきにんって仕事しごとができるようにしています。

データ変換へんかんからはじめた地図編集ちずへんしゅう

データ変換からはじめた地図編集

いまから20年前ねんまえにたまたま契約社員けいやくしゃいん求人広告きゅうじんこうこくを見て,通勤つうきんがしやすそうだったので応募おうぼしました。子どものころから社会しゃかい授業じゅぎょう苦手にがてで,まさか地図ちずつくることになるとはおもってもいませんでした。数学すうがく理科りかきで,パソコンを使つかって数値すうちを入力したり,変換へんかんしたりする仕事しごとたのしく,そういう意味いみではいていたのだとおもいます。当時とうじ標高ひょうこうデータ(土地とちたかさ)を入力することからはじめましたね。北海道地図ほっかいどうちずは,当時とうじからパソコンをいち早く活用かつようしたり,カーナビのデータをつくったりしていましたから,業界ぎょうかいでは先端的せんたんてき仕事しごとだったのだとおもいます。
仕事しごとはじめたころは,編集へんしゅうながれというのはまったかりませんでした。徐々じょじょ地図ちずをつくる全体ぜんたいが見えてきて,現在げんざいにいたっています。

子どものころは

子どものころは

わたしは,子どものころは物静ものしずかでした。自分じぶんからなにかを率先そっせんしてすすめるということはかったとおもいます。からだうごかすのはきで,小学生のころから,近所きんじょ友達ともだち毎日野球まいにちやきゅうをしてあそんでいました。中学生になると野球部やきゅうぶへ入り,駅伝大会えきでんたいかいのメンバーにもえらばれました。短距離走たんきょりそう得意とくいではなかったのですが,持久走じきゅうそう長距離ちょうきょりのペース配分はいぶんかんがえるのがきだったんです。スタートで早くはしぎてしまうと,後半こうはんつかれてしまいますよね。ですから,トータルで早くはしるためペース配分はいぶん戦略せんりゃくかんがえなくてはいけません。そこで,かんがえたことを実践じっせんしてみると結果けっかにつながることがたのしくなり,高校時代こうこうじだい陸上部りくじょうぶに入りました。いまでもかんがえることはきで,かんがえたことが正しいか実際じっさいにやってみるのもきです。そして,全体ぜんたいのペース配分はいぶん調整ちょうせいするという意味いみでは,いま編集へんしゅう仕事しごとにも生かされています。

大切たいせつな人のため一生懸命いっしょうけんめいになろう

大切な人の為に一生懸命になろう

先ほど,駅伝えきでんはなしをしましたが,自分じぶんひとりのためだけになにかをするのではなく,だれかのために行動こうどうすると人は大きな力を発揮はっきできるんですよね。わたしは,お客様きゃくさまや,職場しょくばの人や,家族かぞくかおおもかべながら仕事しごとをすると,もう一歩頑張いっぽがんばろうという気持きもちになります。
みなさんには,自分自身じぶんじしんのためだけではなく,お友達ともだち家族かぞくのためになにができるのだろうとかんがえて,行動こうどうできる人になってもらいたいとおもいます。

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

梨木 香歩
物語の中で穏やかに流れる時間が心地よく,大事なことを思い出させてくれる本です。小中学生の頃に読むのもお勧めですし,大人になってから読んでも良い本だと思います。
取材・原稿作成:取材・原稿作成:東京書籍株式会社