仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1988年 生まれ 出身地 愛知県
りんぎょうぎし林業技師
喜綿きわた 真一しんいち
子供の頃の夢: 消防士(消防官)
クラブ活動(中学校): 陸上部
仕事内容
山の一生をつくる仕事(種の生産から木材の収穫まで)
自己紹介
太ってきたので山登りでダイエット中。休みの日はラジオを聴きながらドライブや自宅で養殖している魚の管理。
出身高校
愛知県立岡崎北高等学校
出身大学・専門学校
高知大学 農学部

※このページに書いてある内容は取材日(2020年02月25日)時点のものです

「良い木」が育つ「山づくり」をする

「良い木」が育つ「山づくり」をする

わたしの仕事は森林を管理して,建物や家具の材料となる木材をつくることです。
木材をつくるまでには,なえを種から育て,木の成長に合わせて地面に生えた草をり,木の成長に合わせてぶんえだを切り落とすなど,たくさんの人の手と長い時間が必要です。そうして育てた木を,「ばっさい」して木材となります。建物や家具をつくるための「良い木」を育てるのに大切なのは,成長のだんかいに合わせて,きちんと人が手を入れて管理することです。

なえを育て,広い山々で木の成長を管理する

苗木を育て,広い山々で木の成長を管理する

げんざい,わたしは愛媛県はまにある,森林の管理をたんとうしています。担当するのは,四国さんみゃくにつらなる山々です。 木を育てるために,季節や天候に合わせて,いっしょに協力して仕事をしている会社の人たちと,いつ,どんな作業をするかを相談したり,じっさいに山に入って木や森のじょうたいかくにんしたりします。 また,温室でコンテナようを使って育てる苗木づくりも仕事のひとつです。 苗木づくりは,高級な木材となる品種や,成長が早くてりょうしつなスギやヒノキ,少花粉・無花粉の木など,目的に合わせた木をそのいきに合わせて育てていきます。

長年,がれてきたと,最新のじゅつを組み合わせて

長年,受け継がれてきた知恵と,最新の技術を組み合わせて

山の中の作業は,自然を相手ということもあり,体力をつかうこともあります。大変なのは,太陽が照りつける中で,もくもくと下草をる作業ですね。ほかにも広い山の中を歩いて回るなど,林業では人の力にたよる作業がまだまだ多くあります。 しかし,最近は,ドローンを使って上空から山の様子をチェックしたり,なえをまとめておおがたドローンで山の上まで運んだり,新しい技術でこうりつてきに山を管理できるようになっています。 もちろん,ずっと昔から受け継がれてきた森林づくりのノウハウ,げんで木をちょくせつ見守ってきた人たちのけいけんも大切です。人の知恵と作業に,最新の技術を組み合わせて,良い木が育つ,のある森林づくりにチャレンジしたいですね。

げんで学んだことが,今の自分のざいさん

現場で学んだことが,今の自分の財産

わたしはもともと自然が大好きな子どもでした。自然にかこまれたのどかないきで育ったので,毎日,ザリガニりなどして遊んでいましたね。大学に進学するときも,自然に関わる仕事ができるようにと,林業を学ぶことに。大学では,山の管理のほんを教室で学んだり,山でそくりょうなどを体験したりするけんしゅうじゅぎょうなどもありました。 大学での学びがかせるしょくとして,げんざいの会社にしゅうしょく。念願の林業の仕事でしたが,入社してからは,毎日,現場でじっせんてきなことを学べることがとても楽しかったですね。 特に現場で作業する人たちからは,多くのことを学びました。例えば,成長のちゅうで,手をいてしまった森林と,きちんと手入れした森林では,木の育ち具合が明らかにちがいます。そのげんいんがどこにあるのかなど,長年森林を見てきた人だから分かることを,ちょくせつ教えてもらえたけいけんが,今の自分にとって大きな財産になっています。

「山の一生」をデザインする

「山の一生」をデザインする

仕事で一番やりがいを感じているのは,「山の一生をデザインできる」ということですね。ずっと先のしょうらいを考えて,そのためにいつ,何をするか,今,できることは何かを考える,そこにやりがいを感じています。 山は,その土地や場所のじょうけんで,全くちがっています。同じように手を入れていても,土地が良ければ「良い木」が育つし,土地に力がないとどんなに世話をしても「良い木」は育ちにくい。 山の条件をのデータや今の様子からきわめて,「この先,良い木が育つ山として残していくために必要なことは?」と考えながら,毎日,働いています。木は,成長してるまでに50年や100年以上かかることもあります。そのようなときは,未来のたんとう者に自分のゆめたくす気持ちです。 林業は,とても長い時間をかけて取り組む仕事です。今やっていることの結果は,100年後にならないと分からないこともあります。これまでと同じやり方をずっと続けていくだけで,100年先まで続くしょうもありません。 ですから,今の時代の林業のになとして,新しいことにどんどんちょうせんしていきたいと思っています。それが,この先100年後も,安心して木材を使い続けられることにつながるのだと思っています。

木のあるらしが,森を守る林業をおうえんすることに

木のある暮らしが,森を守る林業を応援することに

木は,きちんと人の手で管理し,植える・育てる,る,加工する,使うという「じゅんかん」をつくることで,何度もつくり続けることができる大切なげんです。 今,林業では,木材の使われる量がって,せっかく育てた木がられずに,そのままったらかしになっているという問題をかかえています。森の手入れをするわかい働き手が不足していることも大きな問題です。 これらの問題をかいけつするには,森と人間が共に生きる未来をつくることが大切になってきます。そのためにも,みなさんには木が身近にたくさんある暮らしをすることで,森を守る林業を応援してもらいたいと思っています。

ファンすべてを見る

(茨城県 中2)
(静岡県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

木村盛武
人間が自然の中の一部として暮らしていること、自然への畏怖の念を思い起こさせてくれる本。

もっと知りたいこの仕事人

住友林業のSDGsへの取り組み
取材・原稿作成:日経BP